胆石症ブログ:四谷メディカルキューブ編:手術の翌々日にはもう退院

胆石症ブログ:四谷メディカルキューブ編:手術の翌々日にはもう退院

四谷メディカルキューブで胆石手術を受けた翌々日の回復率は81%。

お腹に力が入るとまだまだ痛むけど、多くの人が2泊3日で退院していることに納得しました。

今日一日を振り返ります。

入院生活最後の食事

四谷メディカルキューブの食事は、病院食ぽくなくて美味しかったです。

胆石手術翌々日の朝食
  • パン2種類
  • 麦入り具たくさんスープ
  • ソテー
  • 有機紅茶
  • フルーツ
  • 牛乳

食事に関するアンケートを頼まれたので、もちろん高評価にチェック、チェック、チェック。

この病院の食事は、最上階にあるレストランの健康食で、三國清三さんという有名なシェフがプロデュースをしているらしい。

グルメ情報サイトを開いてみたら、「美味しかった」という口コミが多くされていました。

初めて見る先生の回診

朝食を済ませたあと初めて見る先生が来て、傷口の防水絆創膏を剥がしてくれました。

おへその防水絆創膏は、2日後に自分で剥がします。

注意事項として、プールや温泉など不特定多数の人が浸かる施設には10日間行けません。おそらく感染予防のためだと思います。

食事制限はとくになし。

ただし、「ドカ食いしたり、お肉や脂っぽいものをたくさん食べると下痢になるかもしれない」というアドバイス。

手術後はじめてのシャワー

昨日、梅澤先生から「シャワー大丈夫ですよ」って言われたけど、お腹が痛くて浴びる気になれなかったんですよね。

2日ぶりのシャワーは、さっぱり気持ちよかったです。

あまり神経質になる必要はないのかもしれませんが、傷口をこすったりしないように浴びました。

傷口は小さいですが、手術して間もないのでハッキリ分かります。

暇すぎて早々に退院

お昼前に部屋を空ければ大丈夫みたいですが、昨日のうちに会計を済ませているし、ベッドや洗面所を整えるくらいでやることがありません。

10時ごろ看護師さんに挨拶をして早々に退院。

僕はあまり荷物を持ってこなかったので利用しませんでしたが、手ぶらで帰りたい人向けに宅配サービスの案内がありました。

四谷メディカルキューブ宅配サービスの案内

病院から荷物を送れるようです。

それにしても、入院中に他の患者さんと一度も会わなかったな。

外の空気は清々しかった

タクシーで帰るか迷いましたが、天気も良いし駅まで歩くことに。

二日ぶりに触れた外の空気は、冷たくて心地よかったです。病室の空調は快適でしたが、やっぱり外に出ると解放感があります。

そうだ、四ツ谷駅についてから気付いたんですけど、あまり早く病院を出てしまうと、通勤・通学者と一緒の時間帯になります。

お腹を押されたり、バッグがぶつかったりしたら、恐ろしく痛いはず。

今日は日曜日で人が少なくて助かりましたが、胆石手術のあとに電車に乗るなら、通勤ラッシュのことを頭の片隅に留ておいてください。

さいごに

手術後の痛みを思い出すと、ここまで回復したことに驚いています。

どこかフラフラしたい気分でしたが、パン屋さんで買い物をして帰宅しました。やっぱり自分の家が一番落ち着きますね

次に四谷メディカルキューブへ行くのは1カ月後です。病理検査の結果を聞きにいかなければなりません。

それではまたそのときに。

録画しておいたドラマを見ながら少し眠ります。